リペアスクール随時開催
木建具

退去前の人必見!賃貸物件の建具の穴補修

バードマンのひらのたけしです。

今回の補修部材は、築20年近く経つマンションの建具の穴補修です。1時間では直りませんが、3時間か4時間あれば原状回復が可能です。

それでは紹介したいと思います。

賃貸物件の建具の穴補修


作業前

 

作業後

*日の差し込む具合で色が違いますが、同じ建具です。

補修工程

・へこんだ箇所を切り取る、穴をバックアップ

・パテを充填

・パテを研磨(面だし)

・着色

・スプレーで艶合わせ

リペアを学びたい方はこちらから>>>

作業中の様子

FullSizeRender 2

このパテ硬いです。

色が近いので使い勝手いいですが、普通のポリパテをお勧めします。

着色のポイント

塗り込んで書かない方が良いかと思います。最初はパテの輪郭を消すために濃い色を全体的に塗りますが、その後は、チョンチョンと筆先で色を塗って行きます。

そして木目を描く。このチョンチョンと色を塗って木目を描いて僕は何回も繰り返し調整します。

まとめ

完璧に修復することは不可能ですが、部屋に住む人が気持ちよく生活できる環境を提供できると思いますので、今後も協力できたらと思います。

作業費用 30,000円(税別)

その他の料金はこちらから>>>

その他の依頼が多い事例を紹介

リペアスクールの事例を紹介

 

連絡先
電話 080-4232-7552(ヒラノ)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: rocknrollhospital@gmail.com
「補修の件と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

       BIRDMAN 代表 ひらの たけし   神戸市在住

2018年で補修歴10年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>