リペアスクール随時開催
木建具

賃貸物件リフォーム:扉の穴補修

バードマンひらのたけしです。

賃貸物件の退去後で依頼数が多い扉の破損や穴です。扉の中が空洞になっているので固いものがドンと当たると、予想以上にへこんじゃいます。それでは扉の穴補修を紹介します。

扉の穴補修の流れ

作業前

ドンっと当ててますね。

補修箇所が下なのでツヤ加減は目立たないですね。

パテをを充填する前の状態。

作業後

アップで見ても補修箇所が目立たないですね。

作業工程

・破損部分をくり抜く

・穴をバックアップ

・パテを充填(ラクーダパテ80と180)

・研磨後、着色(ラッカー系塗料)

まとめ

白系の建具だったので作業時間は1時間半ほどと、難易度はそれほど高くありませんでした。研磨していて建具表面の模様がなくなることもなく、シート材の建具だったのも作業時間が短かく済みました。

料金 25,000円(税別)

その他の賃貸物件で依頼が多い事例を紹介

 

連絡先
電話 080-4232-7552(ヒラノ)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: rocknrollhospital@gmail.com
「補修のの件と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

       BIRDMAN 代表 ひらの たけし  神戸市在住

2018年で補修歴10年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>