リペアスクール随時開催
鏡面補修

簡易的な道具で鏡面補修に試みる!

バードマン・リペアのひらのたけしです。

今回はイエローハットやオートバックスで買える道具で鏡面補修に挑戦してみました。

プロが使用する道具がスグ手に入らない時などに簡易的に使えるかを検証したいと思います。

市販の道具で出来る鏡面補修の道具紹介!

IMG_2400

・シリコンオフスプレー   950円
・ウレタンクリアースプレー2678円
・パテは瞬間クリアーパテ 891円

どちらもイエローハットで購入しました。パテはリンクしていますので、チェックどうぞ!

IMG_2402 スクリーンショット 2016-05-13 20.59.20

作業工程

面だし作業

IMG_2406

丸印の箇所は補修箇所です、パテで凹みを埋めて削ったアトです。曇ってますよね。

IMG_2407

ちょっと引きで撮ってみるとよくわかりますね!

艶がないので黒く見えるところが削ったアトです。

ウレタンクリア塗装する前にシリコンオフで面材の油分や汚れを拭き取ります!これかなり大事です。

塗装作業

IMG_2408

ウレタンクリアスプレー塗装。

まず、削った周辺に塗装。ドライヤーで乾かして次は全面を吹きます!!

結構、艶がいい感じに上がってます。しかも削ったアトも消えていいですね。さすがウレタン肉厚ですね。

床の場合だと箇所だけだと目立つので、全部塗装したほうが、塗装際が目立たないです。

IMG_2410

四角の枠内が1回目のウレタンクリア塗装、枠外はスプレーの霧がかかって曇っているのがわかるかと思います。

2回目の塗装

IMG_2413

全面塗装しました。左側は正規の箇所です。

黄色いテープから右、枠内がメインの補修箇所です。若干、僕の右肘が曇ってるかなと思いますが。この写り込み具合は合格だと思います。

IMG_2416

太陽光を直接当てての艶の確認です。悪くないと思います。

IMG_2417

次は、部屋のライトで確認です。反射面は正規の補修をしていない箇所です。

IMG_2418

補修箇所をライトに透かしてみます。少し丸が同じではないですね。

IMG_2419

今回は凹みのある箇所は着色はしていません、パテのみです。

本来ならガンで色を着色します。それはなぜか?クリアーパテの部分が黄変するからです!今は黄変しないですが、後日します。

2回目の塗装

こんなにスムーズに行くとは思いませんでした。

突き詰めればもっと道具はあるのですが、即席でできる感じは心強い道具ですね。

残念なポイントは、ウレタンクリアースプレーが使用するとその日に使い切らないと硬化するので、これは残念ポイントです!

作業時のポイント、僕は屋外で作業していました。

ですがあまりゴミの付着はなかったです。これは、こまめにシリコンオフスプレーで面材を拭いていたのが正解でした。

一回目の塗装硬化後でもシリコンオフスプレーで満遍なく拭いてください。ここかなり大事です!

普通なら、塗装後コンパウンドすると思いますよね!

するなら3時間は乾かしたほうがいいです。安全策は次の日に回したほうがいいです。

ですが、スプレー缶塗装だけでもここまで仕上がると思います。

もっとテカテカにしたい方はコンパウンドで磨いてみて下さい。

Birdman YouTubeチャンネル

Vlogや作業風景のダイジェストを投稿しています。

リペア作業動画を有料でレンタル販売中

バードマンでは実際にリペア工程を動画教材としてVimeoから動画レンタル販売しています。購入システムもありますが、現在はレンタルのみとなります。

詳しいレンタル方法はこちらから>>>

再生を押すとダイジェストが見れます。

その他の鏡面リペア事例を紹介

連絡先
電話 080-4232-7552(ヒラノ)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: rocknrollhospital@gmail.com
「リペアスクールの件と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

       BIRDMAN 代表 ひらの たけし  神戸市在住

2018年で補修歴10年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。

最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>