道具

ぼくの仕事で必要不可欠な道具 液体接着剤の紹介

バードマンのひらのたけしです。

今回は僕が毎日使っている液体接着剤を紹介します。ホームセンターで購入できる商品です。

ぼくが使用している液体接着剤は工場から直接購入しているので、ホームセンターの物とは少し違いますが

ホームセンターの液体接着剤でも使えるので是非、補修ツールとして使ってみてください。

液体接着剤を使って補修

 

ぼくの使用している液体接着剤です。

 

IMG_2218

画像の真ん中に線キズがあります。意外に深いキズです。カウンターはウレタン塗装仕上げ。削れば普通に色が剥げます!ここで液体接着剤の登場です。色が剥げないように作業するには、液体接着剤が最適です。

 

作業後

いい感じに仕上がりましたね。着色はしていません。

液体接着剤の使用方法

・キズの周りを1000番の耐水ペーパーで軽く研磨。

・液体接着剤をキッチンペーパーのようなものに染み込ませてキズの周りを液体接着剤散布する。この作業は手早くしてください。

・散布後、ジェル状の接着剤で凹んでいる部分を平らにします。ある程度ジェルの接着剤が盛れたら削ります。

・1000番の耐水ペーパーで慎重に削ってください。もし、最初に塗った液体接着剤が削れてきていると感じたら、その時に再度、液体接着剤を散布してください。

・液体接着剤を散布なしでこの作業をすると100%面材の表面が剥げます。

市販の液体接着剤とぼくの液体接着剤の違い

市販の製品との違いは二点、

・白化しない

・硬化が若干遅い(ほんの少し)

液体接着剤の購入方法

1本50cc 1,000円税込 送料別

*2019年5月から商品代金が1本1300円(税別)となります。

2本からご注文を承っております。お届け方法はレターパック510で送りますので送料が全国一律510円となります。

商品購入はこちらから>>>

購入のお問い合わせはLine@・お電話・メールでも対応しています。

まとめ

この作業方法はすべての作業に応用できます。仕上がりを良く見せたい時は僕はこれを必ずします。レンジフード・床のキズ・塗装の部材など全てです。

毎回毎回はしないですが、決めなあかん時は液体接着剤使用します。

一手間ですが、劇的に仕上がりは良くなります。慣れるまでが少し大変かもしれないですが、是非参考にしてください。

その他の補修道具の紹介

連絡先
電話 080-4232-7552(ひらの)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: rocknrollhospital@gmail.com
「リペアスクールの件または「補修の件」と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

       BIRDMAN 代表 ひらの たけし 神戸市在住

2018年で補修歴10年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。

最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>