鏡面補修

鏡面床補修:水性塗料とウレタンクリア塗装のコンビネーション

バードマンのひらのたけしです。

今回はメーカーさんからの依頼で鏡面床補修をサンプル的に行いました。

ダイジェスト動画(1分ほど)





 

鏡面床補修

作業前

角が折れ曲がっています。

こちらはボコボコに凹んでします。

 

作業中

パテ充填し下地処理しています。

水性塗料で柄を描いています。

ウレタンクリアで塗装中

 

作業後

良い感じの鏡面具合ですね。

手間はかかりますが、綺麗になりました。

作業工程

・足付け

・パテ充填、面出し

・水性塗料でベース塗装

・水性塗料で柄描き

・ウレタンクリア塗装

・コンパウンドでバフ掛け鏡面仕上げ

 使用塗料

・ラップロン

・水性カチオンシーラー

・インターナショナルペイントのマルチコートベージュ

・ターナーのエイジングアートカラー、ローアンバー、ロ―シェナーダーク、カーボンブラック、白

・イサム塗料のコモクリア

作業で注意する点

トラバーチン柄を描くときに出来るだけ薄く柄を重ねる。水性塗料なので霧吹きで水をかけ伸ばす。

フル動画バージョン

月額1万円リペア動画サービスに入会いただけますとフル動画視聴頂けます。毎月動画更新しているので楽しんで頂けかと思います。

今回の鏡面床の動画は60分ほどの動画となります。動画内では作業方法、道具の説明も行っています。

視聴可能動画は現在20本ほどあります。

月額1万円リペア動画サービスについてはこちらから>>>

リペアスクールを受講された方を紹介

依頼の多い事例を紹介

連絡先
電話 080-4232-7552(ヒラノ)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: takeshi_hirano@thjapan.com
「リペアスクールの件と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

       BIRDMAN 代表 ひらの たけし  神戸市在住

2021年で補修歴13年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。

最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>