鏡面の床補修

ダイケン鏡面フロアの補修:クリア塗装仕上げ

バードマンのひらのたけしです。

本当にご連絡いただく内容で多いのが鏡面大理石調フロアの補修です。今週末にも一件同じ内容の案件があるので、デモンストレーション的に作業を行なったので紹介します。

鏡面大理石調フロア補修作業の流れ

作業前 蛍光灯の映り込み箇所に傷があります。

ハンマーで叩きました。

引きで見てもわかりますね。蛍光灯の写り込んでいる部分に少しモヤモヤがありますね。

 

作業後 蛍光灯の映り込んでいる箇所が補修箇所です。

 

引きで撮った画像です。

縦アングルの画像です。蛍光灯の写り込みが均一ですね。

最後にアップ。自分の携帯が綺麗に写り込んでます。

*画像の加工はしていません。

作業工程

・凹みを埋める。接着剤もしくはポリパテ充填。

・研磨作業。

・ウレタン塗装。クリアのみだと充填した接着剤が黄変するので色を吹きます。

・ミキシングクリアにゴールド系コンクを混ぜて塗装。

・最後にコモクリアを塗装

*ウレタン塗料は全てイサム塗料です

使用道具

スプレーガン

 ガン口径1.5mmを使用。クリア塗装はこのスプレーガンで行なっています。

 

コンプレッサー

 

塗料

克服すべきポイント

鏡面床と聞くと難易度が高いと思われるかもしれませんが、道具が揃っていれ綺麗に面だして、色を吹いて、クリアーでツヤを出せば、大抵の方ができる作業だと思います。

一番厄介なのが塗装面のゴミ噛みです。

綺麗に仕上げても、仕上げた面材の表面に点々とゴミが噛んでしまいます。上記の画像にもゴミが噛んでいるんですが、車の塗装屋さん曰く、「塗装ブースで塗装しない限り難しいね」って言われましたが、試行錯誤あるのみかなと思います。

1日作業or2日作業

実際の鏡面仕上げは塗装が完全硬化してから塗装面を磨いて仕上げます。最低1日は塗装してから日を空けたいところですが、作業期間を2日設けると金額も高くなるので、1日作業の塗装で終わらすことが大半です。ご要望があれば2日間の作業工程を設けています。

まとめ

半年に1回は鏡面の補修練習を行なっていますが、毎回小さな発見や気づきが多く、自問自答することが多いですが、今よりも綺麗に仕上がるように努力したいと思います。

鏡面リペア料金 45,000円(税別)

料金の詳細はこちらから>>>

その他の鏡面リペア事例を紹介

連絡先
電話 080-4232-7552(ヒラノ)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: rocknrollhospital@gmail.com
「リペアスクールの件と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

        BIRDMAN 代表 ひらの たけし  神戸市在住

2018年で補修歴10年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。

最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>