コンプレッサー

補修屋さんが使うコンプレッサー(新)

バードマンのひらのたけしです。

新しい塗装用のコンプレッサーを購入しました。購入したのは昨年になるんですが、これ一つ有れば、家の外壁から小物まで塗装に困らないコンプレッサーですのでご紹介します。

補修屋が使うコンプレッサー(新)

マキタ AC462XGB 16L

左が新しいマキタコンプレッサー16L、右が古いセイワのコンプレッサー9Lです。

マキタAC462XGBとセイワHC-1250DXを簡単比較

マキタ AC462XGB

セイワ HC-1250DX

主観的な比較:マキタの方がサイズ的に大きいので偏った比較にはなりますが、参考になればと思います。

・重さ:マキタの方が重いです。でも、持ち運びにはそこまで苦労しません。

・空気吹き出し持続時間:マキタの方が長いです。タンクが16Lです。

・価格:マキタもセイワも価格には大きな差はありません。

・操作性:マキタの方が全てデジタル式なのでかっこいいです。

なぜマキタAC462XGBを購入したのか

リペアスクールで受講されている塗装会社の社長さんに、マキタAC462XGBを教えて頂きました。「このコンプレッサーが有れば、家の外壁の塗装もできるし、なんでもこなせますよ!」と言われました。そして「SEIWAのこのスペックだとかなり古いですよ」と言われました。やはり機器も進化するので情報ってとても大切ですね。

塗装のプロからのお勧めなら、間違い無いと思いマキタAC462XGBを購入しました。

マキタAC462XGBを使って感じたポイント

・音が静か。

・既製サイズの建具塗装してもエアー不足にならずスムーズに塗装できる。

・サイズが大きいので、台車に載せると他の荷物が載せにくい。

まとめ

現在は半年以上マキタのコンプレッサーを使用し現場へ行っています。快適に塗装工事をこなしています。

セイワのコンプレッサーもまだ現役で社員が使っています。特に故障することもなく動いているので頑丈な機器だと思います。

月額1万円動画配信サービス

月額1万円のリペア動画配信サービスに入会して頂くと希少価値の高いリペア動画が視聴できます。

詳細はこちらから 

 自社ラジオ・トークショーチャンネル

Birdman YouTubeチャンネル





 




 

リペア作業動画を有料でレンタル販売中

バードマンでは実際にリペア工程を動画教材としてVimeoから動画レンタル販売しています。購入システムもありますが、現在はレンタルのみとなります。

詳しいレンタル方法はこちらから>>>

再生を押すとダイジェストが見れます。

リペアスクールを受講された方を紹介

依頼の多い事例を紹介

連絡先
電話 080-4232-7552(ヒラノ)
Line URL: https://line.me/ti/p/vKn8nhx9nF (クリックすれば友達追加できます)
Line ID:boycottyou
Mail: rocknrollhospital@gmail.com
「リペアスクールの件と言ってもらえれば分かります。ラインでお気軽にご連絡ください。

       BIRDMAN 代表 ひらの たけし  神戸市在住

2021年で補修歴13年が経ちました。経歴がすべてはないですが、こんなに長く一つの仕事を続けられたことに自分でも驚いています。 これまで困難な現場をいくつも経験してきました。きっとお客様のお役に立てるかと思います。

補修歴10年ですので、床の補修・建具・人造大理石カンター・サッシ・ステンレスなのど多岐にわたって作業可能です。 また、賃貸物件・新築戸建て・マンションなど新築・中古物件どちらでも対応致しております。余談ではありますが、英語が得意なので、外国の方でも英語対応を致します。

2016年はヨーロッパからのご依頼をいただき、ロンドンでお仕事をさせていただきました。 将来的には海外に仕事の拠点を移し、幅広い分野で活躍したいと思います。

最後に、悩んでいる人の悩みを少しでも解消することがリペアマンの仕事だと思っていますので、困ったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィールはこちらから>>>