お仕事情報

補修屋さんの有機溶剤資格情報

バードマンのひらのたけしです。

建築業では多種多様な資格が存在します。リペア・補修業で取得しておいた方が良い資格を紹介したと思います。

有機溶剤作業主任者とは

・厚生労働省認可の国家資格

・内容は有機溶剤による身体的な被害防止の指揮・監督を行い、労働安全衛生上の労働者の衛生の確保にも配慮する。同時に、消防上の危険物の取扱の点からも知識と経験も求められる。

シンナー、ラッカーを扱う塗料販売業、塗装業、ドライクリーニング用の溶剤を扱うクリーニング業、燃料タンクやピット等で作業する清掃業、インキや溶剤を扱う工場、分析・検査業務など、資格の必要な職場は幅広い。これらの現場責任者、管理者等が持つ必置資格である。

資格取得方法

2日間の講習を受講し、講習最後に資格試験があります。

開催場所は全国各地の労働基準連合会で開催されています。

僕が住む神戸ではこちらです>>>

費用

・12,980円(テキスト代含む)税込

まとめ

いままで現場で有機溶剤作業主任の資格提示を求められた事は一度もありませんが、大手住宅機器メーカーの担当者からは取得しておいて下さいと言われました。町屋の仕事ならば必要ないかもしれませんが、野帳場のお仕事が多い方は持っておいた方が良いかと思います。

*他にも有機溶剤業務従事者労働衛生教育(国家資格ではない)という資格もあります。

Birdman YouTubeチャンネル





Vlogや作業風景のダイジェストを投稿しています。

リペア作業動画を有料でレンタル販売中

バードマンでは実際にリペア工程を動画教材としてVimeoから動画レンタル販売しています。購入システムもありますが、現在はレンタルのみとなります。

詳しいレンタル方法はこちらから>>>

再生を押すとダイジェストが見れます。